安全に使うためにも歯間ブラシの使い方を知ろう

Posted by

合っているサイズのものを使う

歯間ブラシには、サイズがあるので歯の状態に合わせて選んでみましょう。歯の間の広がりや歯自体の大きさによって、歯間の間隔が違ってきます。この状態に合っている歯間ブラシを使うことにより、歯茎や歯を痛めることなくケアして行くことができるのです。せっかくケアを行っても、合っていないブラシを使うと、逆に歯を痛める原因になるので、サイズを選ぶようにしましょう。具体的にどの商品がいいかわからないときには、歯科医師に相談するとよいです。

使い方は歯科医師に相談

歯間ブラシを使いなれていない方は、正しい方法で使うことはできません。うまく使うことができないと歯茎を刺してしまったり、出血の原因となるでしょう。使い方を知りたいときには、歯科医師からの指導を受けてみましょう。歯間ブラシは先がとがっているため、正しい使い方を理解して使う必要があります。歯科医師から使い方について教えてもらうことができれば、口の中を傷つけることなく、安全にケアしていくことができるのです。

口の中の状態を見ながら使う

口の中の状態が不安定になっているときには、無理に歯間ブラシを使わず状態を見てみましょう。毎日歯間ブラシを使ってケアすれば、口内の菌を少なくしたり歯周病を予防していくことができます。ただ、歯茎が腫れていて歯間ブラシを使うと強い痛みを感じる場合には、治療を優先する必要があるのです。状態によって、歯間ブラシを使うよりも、口の中を安静にしたり治療を優先させる必要が出てくるので、状態を見ながら使うようにしましょう。

根管治療は技術が問われる非常に難しい治療方法なので、失敗しないためにもクリニック選びは慎重に行いましょう。